漢方薬が好きです

漢方薬という言葉をよく聞くと思いますが漢方薬は医療の現場でよく使われています。
自分は薬局に働いていますがさまざまな病気に漢方薬が処方されていると思います。
漢方薬は効果がすぐに感じられるものと長く続けてこそ効果が期待できるものがあります。
人それぞれに効果の感じ方が違うと思われますので服用に不安を感じたら医師に相談をすることが望ましいと思います。

また漢方薬は専門のお店でも調合していますので相談に訪れる方も多くいます。
その場合は健康保険が適用されませんので割高になるかと思いますが個々の症状に応じて配合をしてくれるでしょうからばっちり効果が出ると感じる人もいるでしょう。

漢方薬は比較的に副作用が少ないと思います。
これは漢方薬が自然の薬草から作られているわけであるためです。
もしも服用して副作用を感じたならばそれは漢方薬が症状に合っていなかったと判断してもいいようです。
その場合は漢方薬の種類を変えることで症状が落ち着くかと思われます。

漢方薬には体を温めるものが多いと思います。
名前の1番下に湯と付くものがありますがそれは温める作用があるものなのです。
風邪の初期や肩こりに使われる葛根湯を例にたとえると分かるかと思いますが葛根湯は市販の風邪薬の中に配合されていることもあるくらい風邪に対していいものなのです。
体を温めてウィルスを外に追いやります。
そうすることで風邪のウィルスが早い段階で体から出ていってしまうのです。
肩こりにいいとされるのは体を温めて血行をよくしてこりをほぐすのです。
そうすると肩こりがなくなっていくのは分かると思います。

ドラッグストアなどで市販されている漢方薬もありますので自分の症状に合わせて使ってみることができます。
病院で何かしらの薬をいただいている方は飲み合わせもあるでしょうからその場合は医師か漢方薬の販売しているお店の方に聞くのがよいでしょう。
使ってみて症状がよくなったのであればその漢方薬が体に合ったということなのでとてもいいことであると思います。

自分は漢方薬が好きなので風邪や体の痛みや眠れない場合など様々な漢方薬を飲んでいます。
たいていは苦くて嫌いだと思ったものですが慣れるとそうでもありません。
体を温める漢方薬はお湯に溶かして飲むのがいいと聞いたのでそうしています。
漢方薬がマイルドに効いてくる感じがとても好きですし副作用があまりない点で安心して飲むことができていると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*